« 浄化 | トップページ | スッチーと膝裏の関係 »

2009年9月26日 (土)

日本茶とアロマ

シルバーウィーク中に、表参道にある日本茶カフェに行ってきました。

日本茶ソムリエ自らお客さんの前で注文したお茶を入れてくれ、日本茶の香り、味、そしてソムリエの日本茶の話がたくさん聞けるという、マニアックかつ現代版:千利休を堪能できるカフェです。

お店の名前は、「日本茶と安心食材の和カフェ 表参道茶茶の間」

休日の表参道、人込みがすごくて息も詰まるような勢いですが、ここに入った瞬間、広がる日本茶の香りと静かな空間が広がり、気もゆるやかに…

時の流れがゆっくりな場所ってあるんですよね

ここでの時間は、ほんと濃厚極まりないです。書き出すと止まらないくらい、いろんなことが溢れてきます。

日本茶の効果や愉しみは、香りで人をリラックスさせたり、はたまたお茶に酔った気分になったり、効能もいろいろとありますが、アロマセラピーに通じることが多くて、興味深かったです。
味覚、嗅覚など、本能的な感覚を使ってお茶を楽しむんです。
たとえば、舌も甘みや苦みなど感じる部分が舌の場所によって違いますが、舌先で舐めるようにして茶の味を楽しんだりと、お茶の特性によって舌をどのように使うかで甘さだけを感じて飲んでみたり、味わい方を変えることもできるというのは、人間の体の特徴とお茶の特徴をミックスさせてほんと愉しんで飲むものなんだな~と思います。

そして、日本茶の香りが人をリラックスさせるのは、お茶の香りの成分が、脳内で快楽を感じるホルモン=エンドルフィンに似ているとされるからだそうです。この香りが、脳の視床下部に伝わり、自律神経の副交感神経を優位に…つまりリラックス状態にさせるのだそうです。視床下部に伝わるということは、自律神経だけでなく、ホルモン分泌や免疫にも作用するので、全身にいろんな効果が期待できるのが想像できるかと思います。

こう考えると、アロマと通じる。
こうして興味深いソムリエのお話はさらに続いたのでした。

というわけで、お茶を何杯もおかわりしながら、おいしゅうございますでおなじみの料理評論家のあの方、名前をど忘れしましたが、あの方がおすすめしたスイーツ「手炒り焙じ茶寒天と加計呂麻黒糖アイスクリームあんみつ」というのをいただいてきました

おいしゅうございました

023

|

« 浄化 | トップページ | スッチーと膝裏の関係 »

コメント

次会う時はぜひ行きましょ~
青山はおしゃれで、健康に気遣ったこだわりのお店がいっぱいある感じだよ。

投稿: mingo | 2009年10月13日 (火) 12時35分

こ!これは!!

おいしそすぎます
和菓子好きにはたまりまへん
お店発見のセンスも素晴らしい

投稿: おきあ | 2009年10月10日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浄化 | トップページ | スッチーと膝裏の関係 »